台湾本

台湾に関する書籍をご紹介。旅行をされるなら、旅のお供にどうぞ。
各書籍は、Amazonをより購入できます。ご購入をご希望の場合は、タイトル又は画像をクリックして、Amazonよりご購入ください。

当サイトおススメ本

台湾行ったらこれ食べよう!

台湾行ったらこれ食べよう!

サブタイトルが、地元っ子、旅のリピーターに聞きました。というだけあって、写真を見て、眺めるだけで美味しそうと思います。台湾の代表的な料理から、ちょっとマニアックなものまでを紹介。コラムも雑学的で楽しいです。
<2015年2月12日初版発行>
mina特別編集 2014-2015 台湾へ行こう

mina特別編集 2014-2015 台湾へ行こう 取り外して使えるMAP付き

人気モデル・田中美保さんが案内する、台北To do リスト付き! お散歩、ショッピング、グルメ、お茶、スイーツ、スパなど、リピート決定のスポットをご紹介。
最旬エリアのお散歩コースからショッピング、グルメ、お茶、スイーツ、スパ、パワースポット、占いと、女子が喜ぶ要素が満載!
<2014年10月18日初版発行>
オモロイ台南~台湾の古都でしこたま食ってきました~

オモロイ台南~台湾の古都でしこたま食ってきました~

台湾の南に住む妹を訪ねて著者が台南を訪れます。異色の台南エッセイガイド。このイラスト、情報量が半端ではありません。みてるだけでも、ほんと楽しい。台南の観光ガイドブックにも採用されました。
<2014年7月31日初版発行>
最好的台湾

最好的台湾

台湾が大好きなFRaUが最強コーディネーター&エッセイストの青木由香ナビゲートのもと、愛情こめてつくる台湾ガイドブック。台北と台南を収録。
<2013年7月30日初版発行>
大好き台湾

大好き台湾 2014/2015

菅野美穂がお勧めする「私が好きな台湾」も。持ち歩きマップ付き。台湾ツウの口コミがいっぱい。台湾、女子旅宣言。お茶、マッサージ、占い、雑貨など盛りだくさん!
特別付録。取り外して持ち歩ける「台湾MAP」
<2014年7月18日初版発行(前号は2013年発売)>
台北本

台北本最新2015

買う、食べる、遊ぶ!台北を深く旅するための最強ガイド。台北通に聞いた口コミ情報と、現地スタッフが知っている旅のコツなどの紹介や、台湾の定番をガッチリ押さえた2泊3日のパーフェクトプランも。エイ出版社の書籍は、写真が多く、台北を120%満足できます。
(前号は、この頁初の4つ★でしたが、最新版は★ダウン)
<2014年4月26日初版発行(前号は2012年発売)>
ことりっぷ台北

ことりっぷ 海外版 台北

大人気の『ことりっぷ』の海外旅行版。見どころ&街歩き、グルメ、ショッピング、ビューティ、ナイトスポット、ホテルの6つのジャンルで、台北を紹介。女性が好きなモノをいっぱい集められています。ことりっぷは、コンパクトで持ちやすい!
同シリーズの最新版
<2014年9月26日初版発行>
aruco台北

aruco 台北 2015~2016

超おススメ!地球の歩き方から旅好き女子のためのガイドブック。タイトルは『台北』ですが、台南、北埔、平渓線などの郊外エリアも紹介。グルメ情報も満載でとにかく詳しい。小物や雑貨類の紹介もあります。
同シリーズの最新版。
<2014年9月6日初版発行>
もっと!台湾のたびしおり

もっと!台湾のたびしおり

「台湾のたびしおり」の第2弾!前作より、もっとパワーアップしてます。台湾の島を一周するのに最適。
台湾民国100年を記念したイベント「幸福100」(台鐵の100駅に特別なスタンプを設置)全部のスタンプも掲載!
<2012年8月17日初版発行>
台湾のたびしおり

台湾のたびしおり

100万HITの大人気ブログ「台湾のたびしおり」が待望の書籍化!写真が少し暗いけど、そんなことより取材内容が濃い。ほんと台湾好きがわかります。この本見ると絶対台湾に行きたくなります。
<2011年4月初版発行>
台湾鉄道の旅完全ガイド

台湾鉄道の旅完全ガイド

きっぴの買い方から乗り方、路線の魅力がすべてわかる。台湾新幹線、在来線、貨物車、さとうきび列車の情報など網羅!!
<2011年3月初版発行>
新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論

新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論

小林よしのりが李登輝元総統や陳小扁前総統との会見や台湾と日本の歴史など詳しく紹介されており、その取材力には驚きます。これを読むともっと台湾が好きになりますよ。台湾旅行に行く前に読むことをおススメします。
Kindle版もあります!
<2000年11月1日初版発行>
台北夜の歩き方

台北夜の歩き方

台北の繁華街、林森北路や雙城街、西門町・萬華のパブやスナック、ラウンジなどの紹介。地図なども掲載されていますが一部閉店した店などもあるので注意が必要です。
<2013年3月1日発行>