初めての台湾旅行

初めて台湾へ旅行する人向けに!
ガイドブックに載っていること+αを紹介します。台湾旅行の参考にお役立て下さい。

台北捷運(台北MRT)

路線紹介
淡水信義線
淡水線
淡水線は淡水から、象山までを結ぶ本線と、北投から新北投へ向かう支線からなります。
淡水から圓山までは地上を走ります。
以前は、新店線か南勢角線に乗り入れてましたが、松山線開通時に変更になりました。
沿線の主要スポット
松山新店線
新店線
松山から中正紀念堂を経由し、新店までを結んでいます。
以前は、新店から淡水までを直通運転していましたが、松山線の開通時に、新店から松山まで直通運転されるように変更されました。
沿線の主要スポット
南港線/板橋線/土城線
南港線/板橋線
台北市内を東西に横断する路線で、台北車站や忠孝復興などのショッピングエリアや忠孝敦化や市政府などのビジネスエリアなどを横断していますので、利用客は多いです。
台北車站は乗り換え客が多いので別の乗り換え駅(民権西路、忠孝新生、古亭など)を利用すると便利です。
沿線の主要スポット
文山内湖線
木柵線
全線高架式で無人の完全自動運転を採用しています。
松山空港近くの中山國中から南の動物園までを結んでいましたが、2009年7月中山國中から松山機場、西湖、内湖、東湖、南港展覧館までが路線延長されました。
沿線の主要スポット
南港展覧館、大湖、美麗華、松山機場、南京東路、大安森林公園、臨江街観光夜市台北動物園指南宮猫空
新荘線/蘆洲線/中和線
新店線
蘆洲から新店、新荘から新店までを結んでいます。
東門站開業と同時に淡水線から変更になりました。
中和発の列車は、新荘と蘆洲の2方向で運転されています。
沿線の主要スポット
お得な乗車券
悠遊卡
悠遊卡
悠遊卡は、地下鉄とバス共通のプリペイドカードです。
カードの種類
普通卡、学生卡、優待卡。敬老卡などいくつかの種類があります。
観光客は普通卡を購入。
購入
駅のインフォメーションカウンター(訽問處)で購入できます。
コンビニでも購入可能。500元(うち100元が保証金)。
チャージ
駅のチャージ機で100元単位で補充できます。
コンビニ(7ELEVEN、Hi-Life)は500元からその倍数でチャージが可能。
コンビニ(台北市、台北縣、基隆市、宜蘭縣、桃園縣のファミリーマートと台北市、台北縣、基隆市、桃園縣のOK-MART)では100元からその倍数でチャージが可能。
チャージ機
残高確認機
悠遊卡は、駅に設置してある残高確認機で残高および利用履歴が確認できます。
残高確認機
特典
MRT利用の場合は2割引。MRTからバスに乗り換えの場合はバス運賃が8元安くなります。
同じ駅での乗り換えの場合は15分以内、違う場合は2時間以内の場合のみ特典が受けられます。
超過の場合20元が延滞費として引かれます。
カードデザイン
一般悠遊卡とデザイン卡があります。デザイン卡には、ハローキティなどもあります。
(詳しくは、台北捷運のWEBへ)
返却
残金や保証金(100元)は返金されます。5回以下の利用の場合は、20元の手数料が引かれます。
一日票
一日票
購入
駅のインフォメーションカウンター(訽問處)で購入できます。
カード
一日券(150元)、猫空ロープウェイは使えません。
お得乗車券
猫空纜車版一日券(250元)という、猫空ロープウェイも利用できる一日券もあります。
その他の乗車券
他に、MRTとバスも利用できる乗車券、一日券(180元)、二日券(310元)、三日券(440元)、五日券(700元)もあります。
列車の乗り方
自動券売機(集票處)
自動券売機(集票處)
運賃は、乗車区間により20~65元まであります。子供は身長115cm以下で保護者同伴の場合は無料になります。それ以外は同じ料金が必要です。
料金ボタン(票價選擇)
料金ボタン(票價選擇)
券売機の上部にある料金表(図)で行き先までの料金を確認し、金額ボタンを押します。(複数枚買う場合は、張數に枚数分を押しましょう)
コイン投入
コイン投入
投幣口に小銭か紙幣を投入します。おつりは、出票口から出てきます。
磁気式切符
磁気式切符
切符はトークンと呼ばれる磁気式コイン(プラスチック製)が出票口から出てきます。
改札口
改札口
改札口は自動改札です。先ほど買ったトークンをICカード読み取り機に合わせると赤色のゲートが左右に開きます。
ホーム
ホーム
台北駅や忠孝復興駅などは転落防止の柵があります。乗車は整列乗車です。また夜間女性専用車両(夜間婦女候車區)がありますので、乗車時には注意が必要です。
下車
下車
下車駅の改札口では、トークンを回収口に入れると改札口のゲートが開きます。乗車駅の改札口から下車駅の改札口までは2時間以内で移動しましょう。超過した場合は、20元が必要になります。